貧血は鉄分を吸収する効果が高いサプリで改善

夫婦

目が疲れているのなら

目の疲れ

症状と原因

パソコンやスマートフォンなどの普及で目を使う機会も増加しているため、眼精疲労を発症させる患者数も増加傾向です。もっともIT以外にも原因となるものはさまざまで、もともと目の病気がある場合はそれが原因にもなりますし、他の病気も影響することもあります。また精神的なものも影響するため、ストレスなども原因になりますし、光や機械などの環境的なものが原因となるケースもあります。このようにいろいろ原因はありますが、眼精疲労による症状も目の疲労以外にいろいろあり、目の充血や痛み、かすみ目や涙が出るといった目に関する症状はもちろんのこと、頭痛や吐き気、肩こりや薄毛といった目とは一見すると関係なさそうな部分に異常が出ることもあります。

セルフケアでの対処方法

眼精疲労を自覚したならば、基本的に病院を受診して詳しい検査を実施して適切な治療を受けるのが一番ですが、症状が軽度の場合や応急処置といった場合は、セルフケアでの対処方法もあります。まずパソコンの使用時間が長い場合は、パソコンと椅子の角度に注意し、正しい姿勢を保つようにしましょう。そして適度に休憩するようにして、目薬などを使用するのも良いでしょう。他にもアイシングや温めたタオルを目の上に置くといったことも効果的ですし、ブルーライトを防ぐPC眼鏡などのアイテムも効果が期待できます。そして食事面も工夫して、目に効果的な食材の摂取やサプリメントなどを上手に取り入れつつ、しっかり睡眠もとるようにしましょう。こうすることで眼精疲労の予防につながりますが、これらを実行しても症状が改善されない場合は、やはり病院を受診しましょう。